自分にとって何が重要なのか

 

自分にとって何が重要なのか。

 

その事を思い知ってから、全般落ち着いたわたし。

それはこれまでと同じことなのだけど、どこか「疑問視」「不安」を感じていたから、分りながらも何度も自分で叩き潰そうとしてきた。

ザックリと言えば、

これを痛いほど「思い知る」ためのここのところの状況だったんだろうな。

 

**************

 

 

ここ数年、右側に痛みが出てばかり。

今は右腕の筋を痛めてしまい、なかなかに生活が不自由。

そんな痛みにフォーカスしている時に出てきたものがある。

 

ひとつは、インナーチャイルドの涙。

笛を吹きながら思い切り泣いたよ。

唐突で自分でもびっくりしたけど、あれはいい涙だったなー。

そんな私の周りをガイドたちが優しげに囲んでいたのも印象的だった。

 

あともうひとつ、過去生の自分。

これは凄惨だった。

男性で戦士なのだけど、右腕を落とされたのちに絶命。

複雑な人間関係の中(このパターン多いぞ)自分の妻と実の兄弟を殺めてるんだなあ。

そしてそのすぐあと兄の臣下に打ち取られたんだけど、可哀そうなヤツだった。

彼自身は多くを望んでなかったんだよな。

心が通い合う家族や仲間と楽しく暮らしたかっただけ。

そんな彼に寄り添って消化、昇華したら、彼の光が私の中に還っていった。

あんまり自分の過去生に興味無くて普段は出てこないけど、

タイミングがくればこうやって現れてくる。

 

自分の欠片、自分もやけど、みんな頑張ったなーー。

って心から素直に思えるようになったな。

 

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ
にほんブログ村

 

chichian-333.jimdo.com

 

秋のそら

 

 

こちらに来ていない間も、いろいろあって。

 

 

委ねてみたり、もがいてみたり。

 

どんなに「在る事の孤独」のようなものを感じていても、

目に見えない仲間の手は絶妙なタイミングで届くもので。

 

どうやったって切り離されることが無いことを、繰り返し指し示される。

 

時空を超えた癒しでさえも、

柔らかな手触りのハンカチのようにさり気なく差し出される。

 

こうやって、ひとつひとつそらに還していく。

 

緩めて、覚悟を決めて、微笑んでいく。

 

そんなとこ。

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ
にほんブログ村

 

chichian-333.jimdo.com

 

懐かしの「情熱」と再会する

 

 

「 体験 」 した事を、美化するでも貶めるでもなく、

そのまま受け入れる事ができてから、

多分、届かなかった奥の方まで光が射して癒しが起こっていった。

 

そうして自分を赦す事ができてほどなく、

懐かしの「 情熱 」が戻ってきた。

やあ、久しぶりだね笑。って。

 

友人が「焼け野原」と形容した私の第1第2チャクラも、大丈夫。

もうあそこには行かない、って決めておこう。

 

もしまた行く事があっても、今度は秒速で駆け上がるよ。

 

絡め取られぬよう、罠に仕掛けた策に自らが落ちるなら、

 

そんなものはもうイラナイ。

 

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ
にほんブログ村

 

chichian-333.jimdo.com

 

赦してる。

 

今年ほど、年が明けたと思ったらもう終わりかよ!

って印象な年はなかった。

気が付けば11月。

愛する紅葉が美しい私の誕生月。

今年も残すところあと2ヶ月ですな。

 

そんな折、もうサヨナラした筈の「痛み」が襲ってきた昨日今日。

2年前にしたぎっくり腰に匹敵する不便さと痛さの右股関節痛と、家事もできやしない右腕腱鞘炎。

 

家族に介護されながら(笑)お手伝いしてもらいながら導き出したものは。

 

もう自分を赦そう。

 

だった。

 

古くからのものも、新しく作ってしまったものも全部ひっくるめて。

私は

私を赦せない自分。

を選択しない。

 

それから、どうしても拘りがとれなかった「結果」への執着。

義務感。

 

違うとわかっていても、まだ少し残っていた。

そこを手放すことで究極的には「自分は自分から離れてしまうのでないだろうか」という恐れ。

 

もう、どんな状況にあっても、どうなっていっても、私は私を認め赦してる。

そんな感覚が戻ってきた今日は奇しくも満月。

しょうがない。地球にいるんだから地球仕様。

 

そこは小さなことで、気にすることもない。

そんな風に嘯いてもみる(笑)

 

 

 

見え方は人それぞれ

 

大昔、何代かにわたりハムスターを飼っていた。

今でもそりゃあもう、ハムスターラブ♡♡♡

 

現在は飼わないことにしているので、人様のハムを見ては溜息をついている。

 

下から、上から、斜めから、

どこから見てもたまらん完璧なかわいさじゃぁないだろうか。

 

まるっこいお尻も、

申し訳なさそうに付いてるしっぽも、

ちんまりした手足も爪も、

目元口元、どこもかしこも「可愛らしさ」に満ち満ちてる。

 

物思いに耽る横顔、

機嫌のいい時の笑顔、

警戒し緊張の走る体、

 

はーーーーーー。

特にゴールデン。いい感じの肉付き♡

 

あとは、ジャンガリアンのパールホワイトがお好みです♡

 

うちの旦那さんにとっては「ただの大嫌いな鼠」なんだけどねー。