いずれこの地球から完全撤収しようと思うんだが・・・

多次元に散歩中の日常をラフスケッチで切り取り、貼っつけるブログ

駄々洩れ

 ここのところ、自分のいろんなものが駄々洩れ。

どちらかというと、あまり人にはお見せしたくない部分が駄々洩れ。

そしてそれを取り繕う気がしない。という。

「本当の自分でしかいられない」なんて小奇麗なものでもない感じ。

いいのかこれで?と、問うことすらもうできない。

終わらないゲームに飽き飽きしている、ということからも目が逸らせない。

どうせ終わらないゲームなら。。。。という気概くらいは少しはある。ということが救い?

 

**************

以前、信頼している知人に鑑定してもらった時、

ブログになんでもかんでも書かなくていいんですよ?

とアドバイスをもらいとても納得していたのに、それも今は守れそうにないな。

無駄なことしか書けないんじゃないだろうか。

 

**************

 

以前の「心地よい在り方」ではなく

ナンニモナイ在り方へと誘われているようだけど、

ここはどういうところなんだろう?

 

いずれにしろ、やること、やれることは変わらず。

まあ、様子見で。

 

 

火星の月

 

若かりし日、

南佳孝の「冒険王」というアルバムが好きでよく聴いてたんだけど、特にその中の「火星の月」って曲が好きだったん。

 

火星に遭難しちゃった人が最後のタバコを燻らせて、運河の朽ち果てた宇宙船見ながら眠るとかそんな内容なんだけど、

そんな情景が私にとってはリアルでよくわかるな~って気持ちでいつも聴いてた。

 

な、まるでそんな世界観のどこぞの辺境の星に一人飛ばされちゃって

「あーあー、また来ちゃったよオイ」

って溜息ついてるような心境だったこの春。

予想してたけど、

覚悟もしてたけど、

それでもやっぱりしばらく茫然としてたんやけど、しばらくして

 

いつまでもタバコ咥えて黄昏てても仕方ないなーと、

ヨイショと重い腰を上げた。

 

こんなとこ来ちゃったけど、来たもんはしょーがねー、やることやるかっ。

てね。

それで、ようやく自分からの許可が降りて(いくとこまでいかんとアカンパターンは今回で終わりにしたいな)マイワールド空間、自分の「王国」ができたは出来たけど、

まだ国民も動物も、建造物もナンも無い状態。

そのうち賑やかになってるんかねー。って思ってる。←イマココ

 

**************

 

自分なりの飛び方をなんでも試してみる。

で、時々投げ出して放棄して鼻歌唄う。

くらいのテンションを心がけながら。←ココマジメが抜けない(笑)

 

**************

パラレル的に、すごい懐かしいとこに居たりもする。

ええっ?ここ!?みたいな。

パラパラ漫画くらいに移動したり。

そんなこともありつつ。

 

**************

過去がどう、未来がどう、

デモ、

今自分が居る、この場所で、

ワタシで居る事。

 

とりあえずやっとこかな。

 

 

chichian-333.jimdo.com 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ
にほんブログ村

 

感性の自由度は自分が思うよりもっと。

 

感性の自由度低い目傾向のわたくしなので、本当にそれって大事だぜってつくづく思う。

 

この場合何と比べての自由度かというと、自分比。

 

でも、自分の感性がどれくらいでフルなのかなんてわかんないし、そもそも限界ないから、「今よりもっといける」ってことでいいと思う。

 

その感性の解放のキーは、自分の心の仕組みにある。

 

自由度の上がった感性は、ピッタリフィットな翼のようで、どんなアクロバット飛行も思うままだし、どこまでも飛んで行ける。

 

それでこの翼の操り方ってひとりひとり違うし、自分の飛び方を「わかる」毎に、全てがグレードアップされていく。

 

「リーディング」や「チャネリング」と言われてる受信形態も、如何に自分の器官を自分仕様で使いこなせるかで精度が違う。

 

他の人のやり方を参考にしても、最終的には自分の器官の癖や特徴、特性をどこまで掴んでいるかが重要になる。

 

そして「コレマデ」の自分にも捉われちゃいけない。

 

今自分が体感、体験しているものはコレマデのどのデータにも無いことなのかもしれないし、感受点は常に刷新されていくものだから。

精査の為の慎重さは、自分全体への疑念になってしまってはいけない。

 

と、私と同じように低め設定の方の参考になれば。

 

 

 

chichian-333.jimdo.com 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ
にほんブログ村

 

思いもよらない引っ越し

 

数カ月前には思いもよらなかった場所に、

今わたしは居る。

 

それがいいのか悪いのか、

「居るんだからしょうがない」

とまるでどこかのおじサンの口癖のような心持ちなんだけど。

 

あーあそこに行きたいんだけどどうだろう?

ちょっと難しそうだし私のルートでは無さそうだな、

多分、少しずれたあそこに見えてる方向に行くんだろうなー、

いや?それともあっちの方なんかなー?

 

と思ってたら、

 

そのどれでもなかったよ!!

 

的なお引越しです。びっくりするわ(笑)

 

でも正直、悪くないです。

 

**************

 

話は変わって、

今日は、おうちで「宇宙船カフェ」とかいうのをやってます。

カフェとか言ってるけど、飲食の提供はしていません。

スペースを整えてお待ちしているので、来てみてね、って開放しています。

自分で言うのもなんですが、とても気持ちの良い空間です。

そして自分が一番このspaceのお世話になっているという。

 

人生とか、ハイヤーセルフあるあるですね?

 

**************

 

別ブログにこの前書いた、

私自身の中にこびりついていたしつこい「恐怖」に、

とうとうクレンザーだとかお酢とか重曹とかじゃかじゃかかけられて、ゴシゴシされて、また漬け置かれて、またゴシゴシされて、

これからも身軽になっていけるのでしょう。

 

一見乱暴に、けれど用意周到に放り込まれた(笑)

それでいてピッタリくるこの場所で。

 

恋しさとせつなさは、心強さで宇宙へとお還ししたよ。

 

 

 

chichian-333.jimdo.com 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ
にほんブログ村

 

 

魔法とか嫌いじゃないけど、その類はもうイラナイんじゃ?

 

相変わらず、

私のセカイは整備不良な線路を進むトロッコのように

ガタゴトと軋んでいるけども、

日々の暮らしにおいては平穏でそこは本当に有難く、

ミエルミエナイの沢山のサポートを感じてる。ありがと~~♡

 

**************

 

 

そしてホント、宇宙はシンプルなんだな。

 

なんてことも念入りに思い知る。

 

 

宇宙には、ココと同じような複雑怪奇な現場もあるけど、

それは『宇宙に居るモノ』の所業で、

『宇宙』そのものではない。

 

本来はシンプルで、

ナニガシカの手順を踏んで、ナニガシカの事を得るというのは、

もう『宇宙に居るモノ』の道理の中のことなんだな。

 

それをやって偏り過ぎたのがアトランティスとかなんだとかの出来事だし、

自分たちが還るには「そうするしか方法は無いと思うしかない」という時代の事なんだとしたら、

それを今更踏襲するというのはどうなんだろうか。

   

ココで何度も生きてるし、

ココの事情は無視できないけども、

本来のシンプルなエネルギー交錯の場へと還っていくには、

 

そこはもう要らないし、

 使い方は間違えたくない。

 

**************

 

そんでもって

 

シンプルなところへ戻って行くことは、

高次元と言われるところでも目指していることなのだし、

ココの自分もやっぱり諦められないな~なんて、

ガタピシいわしながらも、

 そう思うことでまた、

歩いてけることに気づいたりもするワタシなのでござった。

 

 

chichian-333.jimdo.com 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ
にほんブログ村