読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いずれこの地球から完全撤収しようと思うんだが・・・

多次元に散歩中の日常をラフスケッチで切り取り、貼っつけるブログ

夢を見る。

 

学生の頃や20代初めあたりは、

シルクロードに行くのが夢やねん」

みたいなことは言ってたと思うけど、概ねあまり「夢」を持ったりしたことがない。

 

ーーーここでの「夢」の定義を、「自分的には大それていると思われる願い」とします。

 

でも昨年くらいから、

もっと(自分にとって)スケールがデカイことを望んでみてもいいんじゃないだろうか。

と思ってみよう、

あれ、思えるかも?

思っちゃおう。ってなっていった。

 

自分も変われば変わるもんだなーと思う。

 

そこから、長い間ギュッと縛っていた袋の紐が少し緩んで、その隙間からポロポロといろいろ零れ落ちてきた。

 

で、その「夢」というか「願いのようなもの」とは、相変わらず「ニュアンス」形態で、

 

確かにそれを私は知っているし、見てもいるのだけど、何かは具体的にはわからないし、表わせない。

 

でも、今もその感覚を頼りに、そこへと向かっているのは確か。

遊び心を忘れないように。と、生真面目に心に刻んで(笑)

 

**************

 

見に行くと、

 「その構築は既に速やかに行われている」様子。

 

 

 

 

**************

 

けれどもそれは、砂の城のように消えるのも一瞬なのだ

 

 

**************

 

握る締めるのでもなく、

この身に纏いながら、

先へとゆく姿を追いながら、

 

消えることのない、夢を見ようと思う。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ
にほんブログ村

f:id:glenndeen:20170225002423j:plain

大人のユニバで楽しむ。

f:id:glenndeen:20170221230121j:plain

 

 

今日は年パス最終活用で、大人のユニバに行って来た。

 

昼間からのワインとカクテルは格別に美味。

今日は子供がいないから、目線が上がって(いつもは迷子にならないかキッズに注目だからね)

目にする景色があまりに違って、見えていなかったものが見えたりする。

 

***************

  

仕事を辞めたので、つい先日サロン部屋を模様替え。

そこから、予定外の活用が2回続く。

ひとつ目は、ラグ。

やっぱりやめとこうかと一旦は決定した模様替え。

けれど夜中に閃いた。

この前、閉店セールでリビング用に買ったラグ、あの部屋にいいんじゃない?

家具の配置も同時に浮かぶ。

翌日実行して、うーん、いいねえ。

 

そこから数日して、明るい色のクッションが欲しいな、と、楽天ポイントでオレンジのクッションを購入。

今日届いたけど、どうマインドをコントロールしても色味が明るすぎて合わない。

 

そういえばっ!この前クローゼットを掃除した時に出てきた3年前まで使っていたクッションカバー、合うんじゃない?

早速変えると、いやーー、いいですやん。

 

 

そんな風に、初めの意図と違ったカタチで、でもそれぞれにピッタリとはまっていく事が2件。

この謎解きは、どんなもん?

 

**************

 

 

このブログ、仕事を辞めると決める前にスタートしているので、どうしようかなーと今頃になって思案。

続けるつもりだったけど、辞めてもいいんだよね?

タイトル変えるとかも有りでしょう。

 

この件も、どんなもん?

と、今日はこのまま終了。オヤスミナサイ。

 

 

ついでに、こんな内容でランキングカテゴリーが「アセンション」て、どんなもん?

 

決まらないことは、とりあえず続けとこ。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ
にほんブログ村

嵐の日に

本日の居住地は嵐らしく、ボチボチと風が出てきています。

 

そんな前日の昨日、

私はちょいとした嵐に巻き込まれていました。

 

 

 

 

元々、短期で衝動的、押せ押せの人間だったのですが、

その事で痛い目にも合い、

それなりに年を重ねて行く中での経験と、スピったお蔭で、

「本当の望み」と「とりあえずの反応」の区別がつくようになり、

ある程度自分の手綱を自分で持つことができるようになりました。

 

が、昨日は久々に、来ましてね。

朝は、今後のお楽しみに関する閃きがあったりしていい気分だったのに、それは突然にやってきたのでした。

 

 

発端は、最近ムスコとのエンバスが半端ないのですが(この理由は機会があればまたいつか)、

彼の「嫌だーー」のエネルギーを受けーの、どっかのなんかに来られ~の、で、昔から自分の中にあって今は静かになっていた「破滅願望」に火がついて、暴走(笑)

理性はしっかり残っているので、

今は何をしてはいけないか、すればいいのか、

自分は何故こうなのか、というところは大体わかっているのだけど、そんなもん、関係ねー。

わけですよ。こういう時は。

それでも必死で止めたので、被害は最小限で済みましたが。

いやそうでもないか。

ご迷惑もかけちゃったかな。スミマセン。。。。

 

そしてこのような嵐に私みたいに巻き込まれた人はあちこちに居たのかもしれませんね。

 

 

 

で、今日になって「やっぱり自分は変わりたい」というエネルギーが湧いてきました。これまでと違う層からの、放出量多め、含有ミネラル豊富なのが。

 

 

長い長い間、省エネ稼働が癖になってしまっているワタシ、カチカチずっとしてるんやけど、どうすれば全稼働で燃料を燃やせるのかわからなくて困ってた。

これがきっかけで、種火が付いたのかも。

ま、放置してたらすぐ消えちゃうけど。

 

螺旋に伸びる「回帰」の道を支える為の芯棒を埋める穴。

掘削作業は、順調である、ということなのでしょうかいな。

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ
にほんブログ村

眼科のある高校に行く

 

お仕事を辞める報告をした日の夜はなんだか「高校を卒業した夜みたいだ」なんてすこーし、しみじみしてた。

 

高校を卒業って、進学するにしろ就職するにしろ、これまでの学生生活から大きく変わる区切りみたいな感覚があったから。

 

そんな翌朝、ある夢を見た。

 

私の家族に「GACKT」が居て、一緒に私の入る高校を吟味している。

高校に入る理由は、高校には「眼科」があるからだそうで。

「眼科」の内容を見ながら高校を選んでた。

 

起きて「なんだーー?この夢。。。」

 

私の場合、興味の無い芸能人や有名人が夢に出てきたときは、その夢には重要な意味がある。

 

というのも、私に印象付ける為の魂胆。

好きなタレントだったりすると「わーー♡いい夢見たな♡」で終わるし、それ以外だと「ふーん」で流してしまう。

でも好きじゃないタレントだと「なんでやねん!!?」と私が疑問に思って拘ることになるから。

うまいこと考えたもんだ。

で、この夢の意味だけど、夕方くらいに閃いた。キャッチするものとかのリアル感が増していることに気が付いて閃いた。

 

つい、これからの何かを指しているのかと思ったけど、「高校卒業みたいだー」と振り返った後に見たのが「高校に入る夢」。

 

つまり、過去のこと。私が「スピ系の仕事」をした理由の説明やったんかーーーー!

 

つまり、私は、「眼科」→「目を良くする為」→「見極める、洞察、ミエナイものを見る」などの「見る」ことを学ぶ為に、スピ系のお仕事をさせていただいた。

ってことみたいだ。

勿論、これはひとつの側面だけど。

 

で、勉強はひとまず(高校生レベルは)済んだので終了したのね。

ということでした。にゃるほど~~。

 

でもやっぱりなんでGACKTチョイスなん?(笑)

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ
にほんブログ村

どこに居たいかは選べる、のを忘れない。

普通に、この3次元物質世界に生きながらも、どこの波動域で居るかは自分で選べる。

 

その時の自分の到達しうる範囲で。

 

でもこれが、ナカナカだったりもする。

 

安定と持続には、自分を扱う為の創意工夫と、常に「感覚」の刷新が必須。

 

メンドクサイ?

 

 

けど、選べるならば、やっぱり自分が心地よく息ができる清々しいところに居たいな、と思う。

 

むかーし、

まだその清々しい空気の場所を知らなかった頃、

 

自分が今感じているセカイが全てだと思うこともないくらいに全てだったから、

 

どんな中にあっても、そのままマミレテたし、それで全然平気だった。※自分領域守備の話とはまた別

 

でも今は・・・まあ、癖で(笑)たまに平気な感じになるけど、やっぱり少ししたら辛抱たまらんかったことに気づく。

 

で、その波動域云々って、自分の声に正直に、

 

例えばワクワクしてたり、

静寂の中にある時のような精神状態での視点のことですよね?って、超ザックリ精神論で語る方がわかりやすいのかな、

 

とも思うけど、それじゃ片手落ちなのだと思う。

 

それらの精神性は伴っているけど、そんな気分であればその波動域に居るという訳でもないし、

 

その波動をハートの奥から全身で感じているから、そこに存在している、というわけでも無い。

 

と、私の体験からは感じています。

 

そして3次元に肉体がある以上、又は、私の段階では、

そこに存在しようという意志がないと、存在できないなーとも感じています。

 

そしてそこに居ようとしても、ウントモスントモだったり瞬時に落下とかだもんね。

 

で、なんでそこに存在する必要があるの?ってことだけど、それはほんまに、そっちのが快適だから、ということに尽きる訳で、ごくシンプルな理由なのですね。

 

ま、ウッカリ忘れる癖をもう根絶したところなんやけど(笑)

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ
にほんブログ村