いずれこの地球から完全撤収しようと思うんだが・・・

アセンション関連から外れつつの、日々の覚書

2010年あたりの話から③

自分の。。。続き

 

それからしばらくしてからだったか?当時、シーターヒーラーの方が開発したエネルギーワークがあって(あの頃はそんなのが多かったなあ)友人に教えてもらい一緒に受講しました。

 

対象者のブロックをエネルギーワークで外していくってやつで、自分も効果を感じたので少しの間、知人にセッションをさせてもらっていましたが、これも、よっぽどの根本まで掘り下げて解除しないと、結局いつもの癖が出て元通り。

 

なので、当時は自分にそこまでの掘り下げの技量は無かったし、そもそも、そういう部分もサポート受けつつも根本的には自力でアナログでやることに意義を感じるタイプだったので、正式メニューにすることなく終了(笑)

 

で、あともうひとつ、グラスルーエセラピーというのを習得しました。12色のガラスを使ったセラピーなのですが、受講した理由は、そのキラキラしたガラス達が欲しかったから。

このセラピーは大好きでした。

何より、受けている方が、実感を持ちながらご自分で気づいていかれる・・というのが、前で見ていて楽しかったですね。

でも、これも昨年手放しました。

 

 

そして、この仕事をスタートして1年半くらい経ったころ、自分がハイヤーセルフと再接続するということがあり、これまでに感じたことの無い感覚を体験していくようになりました。

 

それに伴い方向性も、

 

ハイヤーセルフと繋がって本来の意図を思い出し、さっさとこの地球という枠組み思考から出て本来の自分でやっていこうよ。どうするか決めれるのはそこがスタートだよね。宇宙的にフェアじゃない状況なんだからさ。自分で設定とか何それ。歪みから派生してたらそれもどーだかね」

というものに。(オイオイ 笑)

 

↑これも今となっては「少しだけ」違うのですが、当時の私の知覚からはこんな感じかな。

 

でも当然自分もその真っ最中なので、しんどいことも多かったです。これもきっと私のハイヤーの目論見や思いますけど、ねっ。

 

途中、屋号を今の「second station D 」に変更。意味とか由来は…不明。ふと浮かんだので決めました。でも今にして思えば、この屋号を使いこなせてなかったなーと思うのです。もう一歩踏み出す勇気が無かったり、いろいろ。

 

 

そんなこんなで、現在に至るわけです。

 

次でやっと本題。

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ
にほんブログ村