いずれこの地球から完全撤収しようと思うんだが・・・

多次元に散歩中の日常をラフスケッチで切り取り、貼っつけるブログ

2010年あたりの話から・完

③の続き

 

この2月いっぱいでサロンをクローズすることにしました。

その事をお知らせする記事を書こうとしたら、こんな長いさっくりmy歴史になってしまったのですが。。。。お付き合いありがとうございます。

 

しばらく、今の活動を離れて自分の中に芽吹いている「何か面白いことしたいなー」というものを育ててみようと思います。

 

私にとってサロン活動は、私の自己表現のひとつでした。

そんな自己表現も次の段階を迎え、

これまでの方法ではなくまた新しいものへと移って行きたいな、ということに思い至りました。

 

実は2年くらい前から「サロン活動を辞めたい」という想いは、度々やってきていました。

理由は、「自信喪失」とか「虚無感」とかでしょうか。

傲慢を承知で言うと、

「自分の提供したいと思っている、地球離脱プロジェクトは誰も望んでいないし、むしろ混乱を招いて迷惑なだけじゃないのかな」

という想いに囚われてしまったんですね。

 

これと、宇宙過去生的に繰り越していた「贖罪」とか「絶望・失望・諦め」とかが結びついて重苦しいものになっていました。

時間をかけてだいぶ回復していたけど、この時はまだまだ底の方にシツコクこびりついてたんですね。

でもこの重苦しい時も、それらを浮き上がらせ流すために必要な期間でした。

(因みにこれらと実際の毎日の生活は関係なくて、そっちは平和に諦めも絶望もなく心地よく日々を送っていました。とても癒されてたかなあ)

 そういう期間を越えて、「自信喪失」も「健全な自己評価」となり、「絶望・失望・諦め」も深いところから力が抜けていきました。

 

そしてセッション内容、カタチも今の自分に沿うように変えていき、お客様も、私が最もアプローチしたかった「次元の狭間案件」を示すように、偶然の中から私を見つけて来てくださるようになりました。

 

本当に、これまでに自分が向き合い、目指してきたことの結果が出てるんだなーと感じる現実でした。

 

が、そういう「今」になったつい先日洗濯を干してたら(笑)再び「サロンやめたいなー」がね、来たわけですよ。

何かに打ちひしがれて、とか一切なくてね。

 

 

いろんな方向から見てみたけど、どうも本気。

今までの弱気ではないし、弱気が取れたからこそ「根っこ」の気持ちをダイレクトに受け取れたんだと思います。

今のカタチでは違和感がある。私はもっと自分を信じて、そして正直にダイナミックに生きていきたい。

もう気づいてしまった違和感の中には居れない。

 

ということがはっきりとしたので、難しいことや、理由はどーでも「辞めたいんやな」ということを受け入れることにしました。

勇気を出すのに「躊躇」という段階は過ぎていて、ひょい、と、そんな感覚です。

 

このあと、また人に対して何かするかもしれないし、しないかも知れないし、違うことをするのかも知れない。

何も決めていないのですが、ブログは続けていくので、

よろしかったら今後もこちらでお付き合いただけると嬉しいです。

 

 

 

私はいつも、ただただ、自分が在りたいように在り続けて行くだけ、その為の努力を惜しまず、私の中にあるイメージへと向かって行くだけ、デス。

 

※近々でセッションを受けてくださっていたり、ご連絡をいただいていた方には個別にメールをさせていただきますので、もう少しお待ちいただけるとありがたいです。

  

にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ
にほんブログ村