嵐の日に

本日の居住地は嵐らしく、ボチボチと風が出てきています。

 

そんな前日の昨日、

私はちょいとした嵐に巻き込まれていました。

 

 

 

 

元々、短期で衝動的、押せ押せの人間だったのですが、

その事で痛い目にも合い、

それなりに年を重ねて行く中での経験と、スピったお蔭で、

「本当の望み」と「とりあえずの反応」の区別がつくようになり、

ある程度自分の手綱を自分で持つことができるようになりました。

 

が、昨日は久々に、来ましてね。

朝は、今後のお楽しみに関する閃きがあったりしていい気分だったのに、それは突然にやってきたのでした。

 

 

発端は、最近ムスコとのエンバスが半端ないのですが(この理由は機会があればまたいつか)、

彼の「嫌だーー」のエネルギーを受けーの、どっかのなんかに来られ~の、で、昔から自分の中にあって今は静かになっていた「破滅願望」に火がついて、暴走(笑)

理性はしっかり残っているので、

今は何をしてはいけないか、すればいいのか、

自分は何故こうなのか、というところは大体わかっているのだけど、そんなもん、関係ねー。

わけですよ。こういう時は。

それでも必死で止めたので、被害は最小限で済みましたが。

いやそうでもないか。

ご迷惑もかけちゃったかな。スミマセン。。。。

 

そしてこのような嵐に私みたいに巻き込まれた人はあちこちに居たのかもしれませんね。

 

 

 

で、今日になって「やっぱり自分は変わりたい」というエネルギーが湧いてきました。これまでと違う層からの、放出量多め、含有ミネラル豊富なのが。

 

 

長い長い間、省エネ稼働が癖になってしまっているワタシ、カチカチずっとしてるんやけど、どうすれば全稼働で燃料を燃やせるのかわからなくて困ってた。

これがきっかけで、種火が付いたのかも。

ま、放置してたらすぐ消えちゃうけど。

 

螺旋に伸びる「回帰」の道を支える為の芯棒を埋める穴。

掘削作業は、順調である、ということなのでしょうかいな。

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ
にほんブログ村