もういっこ

 

 

あの存在から起こる

 

拡がりも

深さも

慈しみも

 

 

 

あの時に感じていた

 

叡智も

 

在る  と 無い

 

仕組みの有り様も

 

 

 

全て  「 あった 」こと。

 

 

解っていたはずなのに

 

囚われていたもの。

 

 

 

さて、流そうか。