本質で生きる

 

本質で生きるって、それ以上でも以下でもなく。

 

けど、ただ本質ってだけじゃあと一歩足らないというか、

結局これまでと大差ないのか。

 

自分が多次元的存在であるという実際的感覚を伴う自覚も必要なんやと思う。

 

でもそこのところってパッと聴きでは、妖しい感じもして地に足着いてないやんとか、話がごちゃごちゃになるところで。

 

だけど、本当はとても軸のある話。

 

サイキック的ななんかとか、神さまが降りてくるとか感じるとかの話からは一番遠いところにある。

 

 

ほんとうのこと、なんじゃないかいな、と。

 

そこ無くしては、突破できないよ。

決めて来た人たちよ。

私もやな。